ベーシックインカム 101

話題になっているニュースの紹介やオピニオンの掲載

ベーシックインカムを「最低所得」と呼ぶ利点

ベーシックインカムを直訳すると「基礎所得」やそれに類する言葉が候補に上がるだろう。

しかし、ここでは直訳ではなくUBI (universal basic income; ベーシックインカムのこと) を政策としてパッケージングするときに適切な名前を考えたい。言うまでもなく、絶妙な名称は概念の理解を容易にし、ついては政策の実現を早める可能性さえ秘めている。

結論としては、本稿では「最低所得 (minimum income)」を推したい。理由は3つある。

  1. すでに広い認知を獲得している「最低賃金 (minimum wage)」から類推できるためUBIの概要が伝わりやすい。‬
  2. 憲法第25条「健康で文化的な最低限度の生活」というの条文を由来として参照できる。国家の根幹をなす政策に適切な命名である。
  3. あくまで「最低」であるため、出費に無駄がない印象を与える。ムダ遣いなのではないかという警戒を避けられる。

こういった利点から「最低所得」という名称は支持者を増やすのに有利に働くだろう。

なお、本ブログでは「所得保障」という呼称を用いていることもある。正確にいうとUBIは所得保障を実現する1手段として位置付けている。また、「所得保障」はUBIと性質が近しい保険商品の一般名称でもある。